検証!イメージトレーニングの大切さ!

イメージトレーニングの大切さ

スノーボードを始める方や新しいグラトリのトリックにチャレンジしたい方!

今回のお題は
【イメージトレーニングの大切さ】について話したいと思います。

事前にイメージを作った方がスムーズに滑れるようになる結果が

出ているようです。

【実験】

ウェイクボードを初体験の方を集め、2グループに分けて

一つのグループにはいきなりウェイクボードをさせる。

もう一つのグループはビデオを見せてウェイクボードをする。

【結果】

ビデオを見た方がスムーズに滑れるようになった人が多かったようです。

この事から、

事前にビデオをみてたり、イメージを作った方が上達が早いという結果になっています。

その時にみる所は

  1. 滑る姿勢
  2. 目線
  3. 手や動く動作

これを観察します。

大切なのは板をはく前に動作の確認をすることをオススメします。
僕はこれを[エアトリ]と名付けています。

・例えば、グランドトリックがしたいと思っている人

動きがわからないものはとりあえずイメージをつかむために

地面で練習をします。

グラトリ 練習 芝トレ プレス

グラトリ プレス 初心者

地面で出来ないことは滑っても出来ないと思っています。

なので、これは体の動きを作るために大切です。

基本的な動き

先行動作(トリックの勢いをつけるために上半身や手をつかう動作)

が必ず入っています。

実際に体でチェックしてみよう!

  1. 滑る姿勢
  2. 目線
  3. 手や動く動作

①平地(フラット)で板をつけてやってみる
肩を平行にし両足を引き上げると空中で板が肩と平行になります。

グラトリ イエティ エアトレ オフトレ スノボ

仮に肩のラインが斜めでしたら、足を引き付けると斜めになりバランスをくずしやすいです。

グラトリ 練習 プレス 

雪山は斜面を滑るので、真上に飛んでしまうとコケる原因となります。

グラトリ 練習 プレス 

斜面にたいして上に飛ぶと、平地で後ろに飛ぶのと
同じ現象になります。

自然にバランスを崩して飛んでコケてしまいます。

なので、

斜面にたいして飛ぶときは

前に飛ぶようにしてみてください。

バランスを崩しにくくなるはずです。

まとめ

平地でトレーニングをしながら、体の動きを覚え

斜面に対してもしっかり飛べるように

緩めの斜面でも練習をすると足裏の感覚など実践的になります。

何事もイメージトレーニングが大切ですので、上達の近道と考えて

色々チャレンジしてみよう!

街中でしちゃうと、変な目で見られちゃうので注意ですw

これから暑くなってきます☀️

熱中症には気を付けてこまめな水分補給をしましょうね♪

意識を変えてスタイルを出す、三つのポイント!

スノーボード【グラトリ】のしやすいスタンス、アングルは?

スノーボード【板】硬さ柔らかさ基準は各メーカーで違う!?

グラトリの板の柔らかさ、長さはどれがいい?

スノーボード【グラトリ】おすすめ板の形状!特徴!解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です