スノーボード(グラトリ)で回転数を上げる練習の3つのコツ!

スノーボード(グラトリ)で回転数を上げる練習の3つのコツ!

シーズン回数を重ねると上達していきますね!

すると色んな事にチャレンジしたくなると思います。

今回は回転(スピン)で回転数を増やしたい方必見!!

練習方法を伝授したいと思います。

最初は180(半回転) 360(1回転) 540(1回転半) 720(2回転)

どんどん回転数が多くしていきたいですね。

それでは、どのようにしていけば回転数が増えるのか?

まず、よくありがちな飛べていない例をあげてみます。

  1. ジャンプの高さがない
  2. 回転が止まる

これらは足首を使えていない事で回転力不足やジャンプ力が半減しています。

地面で足首を曲げずに飛ぶとどうなりますか?

上半身だけで飛んでいるようになると思います。

板をはかずに飛べるけど、飛べない方は足首が使えていない人が多いです。

これらの対策として必要な事

裸足のままで足首を曲げる動作をすると皆さん出来ると思います。

足首を使うにはブーツの硬さやバインディング(ビンディング)の硬さも関係しています。

更に、買ったばかりの新しいブーツやバインディング(ビンディング)だと余計に硬いのでなじませる必要もあります。

①ブーツから馴染ませよう!

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

しっかり足首をまげてジャンプの練習!

※最初は固く締めないで大丈夫です。少しゆったりとさせて締めてブーツを柔らかくしていきます。

ジャンプ 芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要 ジャンプ芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要 ジャンプ

②板にバインディングを付けて馴染ませよう!

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

③ペタペタしてみよう!

プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ グランドトリック プレス アングル スタンス 初心者 おすすめ DVD 練習 スノボ スノーボード ノーリー アンディ 板の手入れ

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

③伸び縮みしてみよう!

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

グラトリ グランドトリック プレス アングル スタンス 初心者 おすすめ

回転に必要な事

これでブーツやバインディングも慣れてきましたね!

それでは回転に必要な事を三つ言います。

  1. 先行動作(回転を作る時の動作)
  2. 姿勢(バランス力を鍛える)
  3. 目線(着地を合わせる)

1.先行動作

回転をするには、先行動作(上半身の動き)が必要になってきます。

横回転だと時計回りに回るのか、反時計回りに回るのか。

回転のきっかけを作ってあげたりするのが、先行動作(上半身の動き)です。

この先行動作を止めるのも上半身で止めます。

先行動作の例

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作

 

回転を強くしたいときはどうすればいいのか?

例えば、石を投げるとします。

近くに投げる時、どうされますか?

上半身の少しの力で投げれますね。

遠くに投げる時、どうされますか?

思いっきり上半身を使って投げますよね!

これが先行動作なんです!!

回転で言うと、

手前に石を投げる=少し回る(180度回る動作)少しの先行動作

遠くに石を投げる=沢山回る(540度 or 720度の動作)大きな先行動作

このようになります。

沢山回りたい方は大きな先行動作が必要になります。

しかし、バランスを保ちにくくなりますので、最初は少しの先行動作で練習しましょう!!

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作

2.姿勢

これは肩のラインが平行になっていないと空中でバランスを崩してこけてしまう可能性が高いです。

グラトリで回るトリックでは肩のラインが斜めになるとコケてしまいます。

コマで例えると綺麗に回る時は写真のようになっていますが、

軸が斜めになるとブルブルして倒れます。

プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達

それを踏まえて空中では方のラインをピーク時には平行にする。

【ダメな例】(空中をイメージ)

肩が斜めだと空中ではバランスを崩しやすい。

グラトリ グランドトリック 初心者 プレス スピン スタイル オススメ 板 長さ 固さ 格好いい 女子

【良い例】

グラトリ イエティ エアトレ オフトレ スノボ

となり、姿勢がいかに大切か。

わかってもらえたと思います。

 

3.目線

体は回りたいのに顔が固定されていると回転も止まってしまいます。

回りたい方向へ目線を送ってあげましょう!

あまり知られていないですが、着地が大切なんです。

回転の先行動作をすれば回転を止めないといけません。

その時に大切になるのは、目線で止める事

例えば

B180(バックサイド180)

目線は後ろを見て着地になるので、フロントサイドよりも難しい。

F180(フロントサイド180)

目線は進行方向を見たまま着地ですので恐怖心もなく簡単です。

回転方向で180度まわるだけで着地の目線がかわりますが、

更に、回転数によって目線が変わります。

バックサイドの場合

  • 半回転が後ろを見て着地
  • 1回転が前を見て着地
B180(半回転) 目線は後ろ
B360(1回転) 目線は前
B540(1回転半) 目線は後ろ
B720(2回転) 目線は前

フロントサイドの場合

  • 半回転が前を見て着地
  • 1回転が後ろを見て着地
F180(半回転) 目線は前
F360(1回転) 目線は後ろ
F540(1回転半) 目線は前
F720(2回転) 目線は後ろ

となります。

着地でズレたりしやすい人は180度のつもりでやっていても360度の目線だとズレやすくなります。

回転の連動

  1. 目線
  2. 足首

このように連動していきます。

ジャンプの時に目線と腕を使って連動させると回れるようになります。

もっと早くクルクル回りたいなら強い先行動作が必要になるんですね。

更に!足元を安定させないと回転の力が抜けてしまいます。

例えば、地面でジャンプするのは簡単ですが、

アイスバーンの上で回るとツルツルして安定しません。

フィギュアスケートの方は技のコントロールをするために鋭いブーツで操作をしています。

これは、スノーボードでいうエッジ操作と同じです。

ターンの安定性を向上することで足場がしっかりし、回転をする力をそのまま平地同様使えるようになります。

グラトリ初心者必見!上達にはターンが必須!大切な3つの事!

芝トレ プレス 点乗り 面乗り メンテナンス グラトリ アンディ ノーリー オーウェン イメージトレーニング イメトレ 上達 先行動作 回転 スピン 重要

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一つ一つの動きが大切です。

やりたいトリックがあれば、慌てず【エアトリ】を取り入れて体に動きを覚えさせるのが上達のカギとなりますね!

体で覚えたら、板をはいてやってみる。

次に、実際に滑ってやってみるのをおすすめいたします。

メージトレーニングの大切さ も時間がございましたら見てくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です