【グラトリ】とは?

グラトリ 初心者 グラトリとは 練習方法 歴史 飛び系 プレス オーウェン ノーリー

グランドトリック(グラトリ)とは?

この言葉は日本発祥用語でグランドトリック(グラトリ)とは平地で

板をしならせジャンプをしたりプレスをしたり、複数のトリックを連続してつなげるコンボトリックなど、

滑り手次第で無限大に様々なスタイルや楽しみ方ができる。

グランドトリック[グラトリ]はハーフパイプやスロープスタイルとも並ぶスノーボードのジャンルの一つなっている。

※海外ではバタートリック[プレスをして山を滑って降りている時にマーガリンを塗る様に見える事から]とも言われている。

グラトリの歴史

1990年

主にハーフパイプやワンメイク(ビッグエアー)が注目されていた時期でした。

その頃はグランドトリック[グラトリ]と言った言葉は知らない人も多かったです。

難易度の低い低回転スピンやプレスなどグラトリの基礎となるものはこの時代からすでに存在していましたが、認知度は殆どなかったです。

2002~2003年

011airtistic 相内さん【会長】、佐藤さん【メジャー】「29」や「BASIC」といった映像が登場し、「バタートリック」や「グラトリ」といった言葉が注目され、

初心者から上級者まで手軽に楽しめる物として、グランドトリック【グラトリ】が大人気となりました。

2006年

滋賀県箱館山で[フラットミーツ]というグラトリ大会が開催。

全国から集まるほど大きな大会となり、

チームを作って各地域でもりあがる。

当時、地摺馬鹿一代が活躍、高回転が流行った。

一時期はそのグラトリブームは落ち着きをだしたと思っていたが、

じわじわと陰でじわじわと盛り上がりをみせる。

2008年
アンディロデオが大会で披露し広まった。
これが私、尾川慎二です。

2010年
両方向ノーリー900、プレス系の新しい動きで皆を魅了した長谷川健太を筆頭に
新たなトリックが生み出されていく。

オーウェン等プレス系のブームが到来。
2013年
日本中のグラトリ最強のライダーを集めて作成したグラトリDVD[レッツトライ]が爆発し、

尾川慎二 Shinji Ogawa

宮村直志 Tadashi Miyamura

長谷川健太 Kenta Hasegawa

藤後雄一 Yuichi Tougo

山本純士 Atsushi Yamamoto

江端翔兵 Shouhei Ebata

グランドトリックでスポンサーがつき出したのもこの頃から。

2014年

タッキーさん【瀧澤憲一】さんレイトプロジェクト始動。

日本各地でグラトリの大会、イベントが各地域で開催されるようになる。

2015年

日本だけではなく、中国や韓国、台湾アジアを中心に活動を私[尾川慎二][江端翔兵][長谷川健太]等レッスンも行なっている。

フリーランでのちょっとしたアクセントやゲレンデ地形などでの「小技」としてグラトリを楽しむボーダーは多く、本来のグラトリの楽しみ方が浸透しつつある感じです。

2019年
現在は各ブランドで男女のライダーが達が活躍しグラトリの勢いは止まらない。

※飛び系
板をしならせてポップ[両足ジャンプ]、オーリー[テール側で弾く]、ノーリー[ノーズ側で弾く]
を使い様々な回転を行う事。

※乗り系
板のセンターをしならせて片足に重心を移動させ、ノーズ側やテール側を浮かせる事。

※ラントリ

高速トリックするラン&トリックの略称。

メリット

  1. 老若男女問わず上級者、初心者が同じバーンで楽しく滑って交流ができる。
  2. パークにあるアイテムを入る前にイメージトレーニングができる。
  3. 怪我のリスクを低減できる。
  4. 場所を選ばない。

デメリット

  1. 周囲を確認して行わないと危険。

※接触事故も多いので、人工スキー場などでは特に周りをしっかり見て楽しもう

まとめ

フリーランでのちょっとした地形を使って「小技」としてグラトリを楽しむことも可能です。

スノーボードを曲げたり絞ったり最大限板の性能を使うのはグラトリだと思います。

そのためには、レギュラースタンスの方はスイッチ滑走も練習が必要になります。

トリックをやりたい気持ちを抑えて、安定して滑る能力をつけると安全に上達します。

可能性は無限大ですのでみんなで楽しんで広げて行きましょう!

何が起こるかわからないので板の破損も考えられるので保険には入って置きましょうね。
↓↓
スノーボード保険一覧

グランドトリック(グラトリ)は上達の近道!

バタートリック グラトリ 絞り スタイル オーリー ノーリー 初心者 歴史 スノーボード グランドリック